Lカルニチンでダイエット.navi

Lカルニチンとは

「Lカルニチン」って言葉、耳にしたことはありませんか?


ダイエットに興味がある人は、すぐにピンと来ると思います。


「Lカルニチン」とは、そもそも「カルニチン」の仲間です。

「カルニチン」とは、脂質代謝に関わるビタミン様物質で、アミノ酸から生合成される誘導体で、脂質を燃焼してエネルギーを作るときに、細胞内のエネルギー生産工場ミトコンドリア内部に脂肪酸を運ぶ大切な役割を担っています。

この働きから、いわゆる「ダイエットに効果がある!」と言われているのです。


「Lカルニチン」はアミノ酸L−リジンとL−メチオニンから生合成されます。

その生合成量はほんのわずかなもので、ほとんどは食事によって摂取するしかありません。


「Lカルニチン」は、ビタミンではないのですが、タウリンやイノシトールなどと同様に重要な栄養素とされています。


「Lカルニチン」は筋肉細胞にそのほとんどが存在するのですが、年をとると減少していってしまいます。

だからサプリメントとして推奨されているのです。


食生活が変わって脂質によってエネルギーを得るようになった日本人にとっては、カルニチン不足傾向がみられます。

「Lカルニチン」の積極的な摂取によってダイエット効果(筋肉の増加や脂肪の減少)や、疲労回復効果があるという論文も発表されていて、注目の栄養素なのです。


「Lカルニチン」が不足してしまうと、脂質を燃焼しにくい、ダイエットの効果が得られにくい体質になってしまいます。



タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Lカルニチンとミトコンドリアの関係

Lカルニチンダイエットを始めるにあたって、Lカルニチンがどのようにダイエットと関係しているのかを理解しておく必要があります。


Lカルニチンを摂取することが結果的にダイエットにつながる理由は、体脂肪の燃焼にLカルニチンが大きくかかわっているからです。

しかし、Lカルニチンが直接体脂肪を燃焼させるのではありません。


人間の体内でカロリーを消費する、つまりエネルギーの生産を行うところが細胞内のミトコンドリアです。


人間の体はエネルギーを生産するために、まず糖質を使います。

糖質だけではうまくエネルギーを作りだせなくなったら、次に脂肪を燃焼させてエネルギーを生産するのですが、体内の脂肪はそのままの形では燃えないので、血液中に「遊離脂肪酸」という形に変化して流れ出します。

その血液中の「遊離脂肪酸」をつかまえて、ミトコンドリア内に運ぶのがLカルニチンです。


わかりやすく言うと、「ミトコンドリア」という火力発電所に「遊離脂肪酸」という天然ガスを送り込んでくるタンカーが「Lカルニチン」というわけです。


タンカーがなければ燃料が来ないので、エネルギー生産はできないのですが、燃料である体脂肪は、地球資源とは違って尽きてなくなることはありませんので、タンカーであるLカルニチンさえ十分摂取できていれば、順調に遊離脂肪酸はミトコンドリア内に運搬されて、体脂肪は燃焼されてダイエットにつながっていくのです。


Lカルニチンダイエットはこのような脂肪燃焼のメカニズムをうまく利用したダイエットなのです。



| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
-  |  次の2件 »
Copyright © Lカルニチンでダイエット.navi All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。